News

SNS

Toggle

プレスリリース

銀座のココ撮る! 最先端ユビキタス技術を活用した「写真コンテスト」開催

ユーシーテクノロジ株式会社

ユーシーテクノロジ株式会社[1](東京都品川区 代表取締役:諸隈 立志)は、東京都、国土交通省、全銀座会などが推進する「東京ユビキタス計画・銀座[2]」の一環として、3月1日(火)から3月31日(木)の間、本プロジェクトの対象エリアである銀座地区において、最先端のユビキタス技術を活用した写真コンテンストを開催致します。

本コンテストの特長

  • 「銀座のココ撮る!」
    本コンテストは、予め定められたリアルな場所(「ココ」)を意識して、参加者に「撮影」・「応募」・「閲覧」・「投票」という一連の操作を実施して頂く、ユビキタスとソーシャル・ネットワークを組み合せた全く新しい写真コンテストです。
  • 既設の「ユビキタス場所インフラ」を最大限に活用
    既に「東京ユビキタス計画・銀座」で整備された、場所を識別するためのインフラ(基盤)を最大限に活用して、コンテストに必要な各種サービスを提供します。
  • 「ココシル銀座[3]」が強力にサポート
    銀座の情報がぎっしり詰まった、銀座の場所をベースにしたソーシャル・ネットワークサイト「ココシル銀座」が、リアルな場所とWeb サイトの連携、応募者と閲覧者のコミュニケーションを強力にサポートします。

ユーシーテクノロジ株式会社では、「東京ユビキタス計画・銀座」の公募実験の一つとして、本プロジェクトにおいて整備を進めている、ucodeQR[4](QRコード)や電波マーカーなどの場所を識別するためのインフラを最大限に活用し、本コンテスト用に定めた18のポイント(場所)において、撮影・応募・閲覧・投票の一連の操作をおこなって頂く、リアルな「場所」に対応した写真コンテストを開催致します。

本コンテストには、誰もが簡単に参加することができ、参加者は、予め定められたポイントで写真(作品)を撮影した後、そのポイントの近くに設置してあるucodeQRを携帯電話やandroid端末で読み取ることで、作品を応募することができます。また、同じucodeQRを使って、携帯電話やandroid端末で作品を閲覧したり、気に入った写真に投票したりすることができます。さらに、本プロジェクトで貸出しをおこなっている「銀座ガイド端末」を利用すると、該当するポイントの近くを歩くだけで、自動的にコンテストの作品が表示され、携帯電話と同様に投票をおこなうことができます。

androidスマートフォン用にも専用アプリがダウンロードできるようになっており、このアプリを利用することで、簡単にコンテストへの応募や閲覧・投票をおこなうことができます。

本コンテストには、3名のプロのカメラマンにゲストフォトグラファーとしてご参加頂いております。18のポイントから実際に撮影されたハイクォリティな写真を、携帯電話やココシル銀座を介して閲覧することができます。

コンテストは3月1日(火)から3月31日(木)まで1ヶ月間実施し、投票の獲得数や審査員の審査により、グランプリ、準グランプリ、入賞などの賞を選考し、賞金を贈呈させて頂きます。さらに、投票者の中からも抽選で商品券を贈呈させて頂く予定です。

写真コンテストの撮影・応募・閲覧・投票の流れ

1. 銀座のココを撮る <撮影>

予め定められた18ポイントで写真(作品)を撮影します。そのポイントからであれば、どちらの方角でも、どんな風景を対象にしても構いません。デジタルカメラ、携帯電話など、撮影に用いるカメラの機種に制限はありません。

2. 作品(写真)を送る <応募>

作品を応募するためには、事前にココシル銀座にアカウントを作成しておく必要があります(詳細はココシル銀座サイトを参照願います)。撮影した写真は次の2通りの方法で応募することができます。

  • 携帯電話またはAndroidスマートフォンを利用した応募方法
    携帯電話またはAndroidスマートフォンを利用して該当ポイントで写真を撮影した後、そのポイントの近くに設置してあるucode[5]タグプレートのucodeQRを読取り、必要事項を入力して応募することができます。
  • PC(ココシル銀座)を利用した応募方法
    デジタルカメラ等で撮影した写真を、自宅などからPCを利用して応募する方法です。PCのブラウザでココシル銀座にアクセスし、応募フォームに必要事項を入力して応募することができます。
3. 作品を観る <閲覧>

応募された作品は、次の3 通りの方法で閲覧することができます。

  • 「銀座ガイド端末」を利用した閲覧方法
    東京ユビキタス計画銀座で貸出しをおこなっている「銀座ガイド端末」を利用して閲覧する方法です。貸出場所で端末を借りた後、写真コンテストの該当ポイントを歩くだけで、自動的に写真が表示され、閲覧することができます。
  • 携帯電話またはAndroid スマートフォンを利用した閲覧方法
    携帯電話またはAndroidスマートフォンを利用して該当ポイントの近くに設置してあるucodeタグプレートのucodeQRを読取り、「作品を見る」を選択すると、そのポイントに応募された作品を閲覧することができます。
  • 「ココシル銀座」を利用した閲覧方法
    PC などのブラウザでココシル銀座にアクセスすると、応募作品を閲覧することができます。撮影ポイントごとに閲覧したり、自分が投票した作品を閲覧したりすることもできます。
4. 作品に投票する <投票>

作品を閲覧しているときに、気に入った作品(写真)に対して「投票」をおこなうことができます。応募作品に対する投票方法は次の2 通りです。いずれの場合も、1作品に対して、1日あたり1票のみ投票することができます。

  • 「銀座ガイド端末」を利用した投票方法
    「銀座ガイド端末」を利用して作品を閲覧しているときに、「投票」ボタンをタッチすることで、該当する作品に投票することができます。
  • 携帯電話またはAndroid スマートフォンを利用した投票方法
    携帯電話またはAndroidスマートフォンを利用して作品を閲覧しているときに、「投票」を選択することで、該当する作品に投票することができます。

ユーシーテクノロジ株式会社では、銀座の街の活性化、東京ユビキタス計画・銀座で整備されているインフラの多角的な利用に関する検証、さらに今後弊社が同様のサービスを展開するにあたっての課題抽出、運用面における検証などを目的に、本コンテストを開催致します。弊社では、本写真コンテストのサービス提供に加え、今後、さまざまな場所情報インフラを活用した各種サービスを構築・提供して参ります。


  1. ユーシーテクノロジ株式会社
    http://www.uctec.com/
  2. 東京ユビキタス計画・銀座
    東京都、国土交通省、全銀座会などが推進する、最先端のユビキタス技術を活用して「いつでも、どこでも、だれでも」が必要な情報にアクセスできるユビキタス・コンピューティング社会の実現に向けて、情報インフラの整備促進を目的とした、銀座エリアを対象としたプロジェクト。
    http://www.tokyo-ubinavi.jp/
  3. ココシル銀座
    銀座の各種情報を提供するポータルサイト
    http://kokosil.net/
  4. ucodeQR
    ucode を実際の「モノ」や「場所」にくくりつけるためのデバイスをucodeタグと呼びます。ucodeタグとして、RFID、スマートカード、アクティブチップなど、さまざまなデバイスを包括的に扱うことができますが、このucodeタグのうち、QRコード(2次元バーコード)にucodeを格納したものをucodeQRと呼びます。ucodeQRは、紙などに印刷して貼り付けることで、モノや場所に簡単にucodeを付与できるという特長があります。また、電子署名を組み合わせることによって、正規の発行者による情報かどうかを検証し、署名が正しい場合のみ情報を取り出せるような仕組みを提供しています。
  5. ucodeとは、あらゆる「モノ」や「場所」に世界で一意の番号を付与するための識別子です。あらゆるモノや場所に固有の番号(ucode)が付与されるようになると、同種の商品であっても、いつ作られたのか、どのような配送ルートを通ったのかなど、モノ固有の情報を管理できるようになり、場所であれば、その場所に応じた情報提供をおこなうことができるようになります。また、ucodeは、誰がどこで読み取っても、必ず特定のモノや場所を識別できるような世界で一意の番号になっているため、複数の企業や国をまたがって共通に利用することができます。

本リリースに関するお問い合わせ先

  • ユーシーテクノロジ株式会社 担当:峯岸
    TEL: 03-5437-2323

Return Top