UCT μT-Kernel 2.0

UCT μT-Kernel 2.0は、IEEE2050-2018標準に採用されたTRON仕様に基づくRTOSです。

NXP、STマイクロ、サイプレス、東芝、ルネサス、マイクロチップなどの最新マイコンに最適化したμT-Kernel 2.0の全ソースコードと各種サンプルプログラムなどをワンパッケージでご提供します。

特徴

  • 最新のRTOS仕様に対応したRTOS
  • トロンフォーラムが2013年12月に新たに仕様を策定したIoTやM2M、小規模リアルタイムシステムをターゲットとした「μT-Kernel 2.0 仕様」に対応
  • NXP、STマイクロ、サイプレス、東芝、ルネサス、マイクロチップなどの最新マイコンに最適化したμT-Kernel 2.0の全ソースコードと各種サンプルプログラムなどをワンパッケージでご提供
    • 最小構成は、ROM 7KBとRAM 1KBで動作
  • 各種ARM 純正開発環境に対応
    • ARM純正開発環境「MDK-ARM」(μVision5)
    • IARシステムズ 開発環境「EWARM」
    • ルネサスエレクトロニクス「CS+」
    • マイクロチップ「MPLAB X IDE」
    • Eclipse/GCC
    開発環境の環境設定ファイルを同梱するのでご使用の開発環境で直ぐに開発可能
  • 最新のARM マイコンやRXマイコン、PIC32マイコンに最適化
    対応マイコン
    STマイクロエレクトロニクス STM32シリーズ
    東芝デバイス&ストレージ TX03/04シリーズ
    ルネサス エレクトロニクス RZ/RXシリーズ
    NXP Semiconductors Kinetisシリーズ
    Cypress Semiconductor FM0+/3/4シリーズ
    Nuvoton Technology Nanoシリーズ
    Microchip Technology PIC32シリーズ
    ◆その他、各社製マイコンに順次対応予定
  • トロンフォーラムで公開しているμT-Kernel 2.00.00をベースに、μT-Kernel 2.0仕様に対応するように実装を拡張
    • 最小構成は、ROM 7KBとRAM 1KBで動作
  • 市販開発環境(KEIL/EWARM/CS+)に対応
    評価版の開発環境も利用可能
  • OSとサンプルプログラムは全てソースコードで提供
    • UCT μT-Kernel 2.0の全ソースコード
    • サンプルアプリケーション
    • サンプルドライバ(GDI/SDIライブラリを含む)
      トロンフォーラムが公開するデバイスドライバ仕様に準じて実装しています。
  • フルネットワークスタックやファイルシステムなどの各種UCTμT-Kernel2.0対応ミドルウェアを別途購入可能
    • 有線ネットワーク(lwIPv2.0.2)、ファイルシステム(FatFs0.12c)、無線ネットワーク(6LoWPAN, CoAP)など

導入に最適な例

  • リアルタイムOS を使ってみたい
  • ソフトウェアの開発効率を上げたい
  • 複数の人員で開発したい
  • テストなどの検証をしっかりしたい
  • ドライバソフトなどを標準仕様にしたい
  • 動作確認済みの環境を入手したい
  • マイコンの変更に合わせITRON仕様OSあるいは他のOSからμT-Kernelに変更したい
  • 開発環境の初期投資を下げたい
  • 手軽にTCP/IP を使いたい
  • 海外展開を視野に入れ英文仕様書のあるリアルタイムOSにしたい

導入したその日から即開発可能

トロンフォーラムのWebページからμT-Kernelのリファレンスソースコードをダウンロードしてターゲットのマイコンに移植した場合、機種依存部の開発と調整に通常1ヵ月程度かかりますが、この時間を短縮できます。

T-Engine標準デバイスドライバ仕様に準拠した各種サンプルソフト(LANドライバやシリアルドライバなど)が付属しています。付属のサンプルドライバを参考にすることで、T-Kernel用の標準デバイスドライバを開発頂けます。

μITRONからの移行もスムーズで既存のソフト資産も流用できます。

UCT μT-Kernel 2.0カタログ

μT-Kernel 2.0をご採用の方は、各種最新マイコン用UCT μT-Kernel 2.0開発キットを購入ください。詳細はこちらをご覧ください。

製品についてのお問い合わせはこちらまで。

お問合わせはこちら